モチベーションアップ!意欲を高めるための対処方法とは

社会人に聞いてみました!

毎日の仕事は、大変で辛いことも多いはずです。しかし、結果が評価されたらモチベーションも上がります。そこで今回は、社会人のみなさんに聞いてみました。仕事のモチベーションが上がった瞬間をランキング形式にしてご紹介します。

仕事のモチベーションが上がるのはどんなとき?

男性と女性
no.1

TOP1.給与やボーナスがあがったとき

働く人にとって収入が増えるのはとても嬉しいことです。はっきりとした数字の上昇で評価されるので、仕事のモチベーションが一番上がります。

no.2

TOP2.仕事のやりがいを感じたとき

自己満足でもやりがいや達成感が得られたときに、モチベーションが一気にあがり、次の仕事も頑張ろうとやる気が起こります。

no.3

TOP3.難しい仕事を成功させたとき

何年がかりも大きな仕事を終わらせた時や失敗から始まった仕事を成功に導いたときなど、やってて良かったと達成感を感じます。

no.4

TOP4.仕事ぶりを褒められたとき

上司に褒められたり、同僚に褒められるとやる気がみなぎります。人から認められると、やってきたことは間違いじゃなかったと感じます。

no.5

TOP5.感謝されたとき

営業の得意先に感謝してもらえると、自分自身の存在価値が上がったと思えます。

モチベーションアップ!意欲を高めるための対処方法とは

男性と女性

離れる

仕事をしていると「モチベーション下がった」という言葉をよく聞きます。残業や休日出勤して頑張るのは、逆効果です。オンオフをはっきりして、仕事から離れてみましょう。自分の時間を持つことが大切です。

男性と女性

1つだけやる

モチベーションが下がっているときは、難しいタスクからスタートしないようにしましょう。心が疲れて余計にモチベーションが下がってきます。簡単なタスクから一つずつ取り掛かりましょう。

オフィス

1週間の予定を立てましょう

モチベーションが下がっている時に、高い目標は立てないようにしましょう。高い目標を立てると、栄養価が高すぎてかえって負荷がかかります。

モチベーションの下がったときの対処法のまとめ

仕事ができる人もそうでない人も、モチベーションが下がるときはあります。ただ仕事ができる人は、下がった時の対応が上手で、下がらない方法を普段の生活から工夫しています。モチベーションの下がったときの対処法は下記の3つです。
①離れる
②1つだけやる
③1週間の予定を立てましょう

広告募集中